グラン・パレの代替施設「グラン・パレ・エフェメール」がエッフェル塔の目の前に登場。

「グラン・パレの代替施設「グラン・パレ・エフェメール」がエッフェル塔の目の前に登場。」のアイキャッチ画像

<知っておきたいポイント>

  • グラン・パレはセーヌ川沿いにあるパリの展示イベント会場(1900年完成)
  • 老朽化のため2024年まで改修工事中。その代替施設としてエッフェル塔の向かい、シャン・ド・マルス広場に「グラン・パレ・エフェメール」が登場
  • 「エフェメール ephémère」はフランス語で「つかの間の、一時的な」の意味
  • グラン・パレで開催されていたアートフェアFIAC、PARIS PHOTO、ART PARISなどのイベントや展示の多くがここで開催される予定
  • 2024年のパリ五輪には競技会場・イベント会場としても使用。柔道などの室内競技が予定されている

 

現在改修工事のため閉鎖されているパリの展示イベント会場「グラン・パレ」の代替施設として建設された「グラン・パレ・エフェメール」が、いよいよ完成お披露目となった。

場所はパリ7区のエッフェル塔前にある巨大な広場「シャン・ド・マルス」の東端で、目の前には「エコール・ミリテール(陸軍士官学校)」の歴史的な建物がある。

「エフェメール ephémère」はフランス語で「つかの間の、一時的な」の意味で、アート界では短い期間だけのイベントやインスタレーションなどを形容する言葉としてしばしば使われる。ニュアンスとしては日本語の「儚い(はかない)」が最も近そうだ。

その新しい施設の目玉はなんといってもこの景色。

 

 

真っ正面からエッフェル塔まで抜けた景色。2024年のパリ五輪の際には、柔道などの室内競技の会場としても使われる予定といい、エッフェル塔を背景にしたパリらしい競技シーンが繰り広げられそう。

グラン・パレと大きく異なるのは、音響効果に優れている点で、コンサートやライブなどの会場としても使われることになっている。

国際的なアートフェアなど、さまざまなイベントが予定されているが、グラン・パレと比べると面積が小さいため、FIAC、PARIS PHOTOに関しては目の前の広場にさらに臨時施設を追加するという。

 

 

これもまたパリの新名所として話題を集めそうだ。